ステラグラン

フリーダイヤル:0120-80-2978

KAYOのステラグラン婚活トレーニング塾

成婚につながる”お相手選び”戦略

ごきげんよう、ステラグランのKAYOです。

今日は成婚につながるお相手選び戦略についてのお話です。

成婚につながるお相手選びは『共通』の経験や未来像を想像しやすい方

暖かくなってきました。花粉症の方には辛い季節ですね。
私も昨年から、スギ花粉アレルギーを発症しました。
目のかゆみや鼻水、くしゃみ…
これは経験しないとわからない、なんとも不愉快な症状です。

未経験時は「大変ですよね〜」と花粉症の方に同情していましたが、
実際に経験してみると「大変」というより実生活に支障をきたすレベルだと悟りました!!
そうなると、同じく花粉症で苦しんでいる人たちが『同士』レベルで『大変な気持ち』を共有することができます。

もし、初対面の方が自分と同じ『何かの共通体験』があれば打ち解けるのは容易いことになります。

そう!成婚につながるお相手選びは
『共通』の経験や未来像を想像しやすい方を選ぶのが大切です。

 


「実際に経験してみないと他人と同じ気持ちにはなれない」…というのは、
結婚生活も同じです。
結婚はこれからの未来のことを『想像』して価値観の合いそうなお相手を選びます。

あくまでも想像でしかありませんが、いかに具体的に結婚生活のイメージが出来るかがキモになります。

わかりやすくお伝えすると『成婚につながる』ためのお相手を選びは『共通の経験や環境』の方から選ぶと交際から成婚までスムーズに進むということです。

 

『同じ趣味』より『共通の経験や環境』がある方が成婚しやすい

 

お見合い相手を選ぶ際に、一般的には『同じ趣味』の方を選ぶ傾向があります。

そんな時、私は「それって本当に成婚につながる共通の趣味になりますか?」とおうかがいしています。
多くの方が『趣味』の項目に記入する「旅行」を例にご説明しましょう。

 

男性・女性ともに趣味が『旅行』でも

男性(45歳): 初婚、大学院卒(留学経験あり)、年収1000万 
家族構成: 父/会社経営(大学院卒)、母/薬剤師(大学院卒)、姉/歯科医師(大学院卒)
趣味 :  旅行美術鑑賞、グルメ

 

女性(35歳): 初婚、高卒、年収300万 
家族構成: 父/会社員(高卒)、
母/主婦(高卒)、弟/会社員(高専卒)
趣味:  旅行、食べ歩き、ヨガ

 

 

ご家族の職業や学歴から、男性は高学歴・高収入の家庭で育っていることがわかります。
一方、女性は一般家庭で普通の金銭感覚で育っているでしょう。

プロフィール上では一致するかに見える趣味の『旅行』も、彼の旅行と彼女の旅行は行き先が同じでも、共感できるでしょうか?

きっと、使う交通手段や宿泊先のランクが違うはずです。
グレードの高い旅行も、予算を抑えてめぐる旅行もどちらも素敵ですが『
共通の経験や環境』の観点から見ると2人趣味である『旅行』は共通点は少ないかもしれません。

もうひとつの共通点に思える『グルメ』も女性の思う『食べ歩き』とは全く違うジャンルかもしれません。

 

申し込みを受けた男性は、お相手のプロフィールをじっくり読み『共通項目なし!』と判断する可能性が高いです。

つまり…お見合いが成立しないのです。

お見合いが成立しなければ成婚にはつながりません

成婚につながるお相手選びは、想像力をフル回転させて『本当の意味での共通項目』を見つけることが最短ルートになります。

もし、格上のお相手と成婚したいのであれば自分を今よりも格上げしなければいけません。

 

成婚につながるお相手選びのポイント

 共通項目が多い相手(見せかけではなく、本当の意味での共通項目)

 相手の共通項目に自分を合わせる努力をする

ステラグランの結婚サポートメニューから「成婚につながるお相手選びの講座」を受けた女性が
しっかりマインドとターゲットを変えた女性会員様が先週末にお見合いをしました。

 

これまで執着していた「お相手への条件」を変え、講座での学びを通して準備万端で臨んだお見合い…

 

結果は「大成功」でした!!

 

そして、すでにプロポーズ受けてしまいました…!!
これからじっくりと交際期間に入りますが、初回でお相手の心をがっちり掴むことができたのは彼女の結婚に対する真剣な想いと、助言を受け入れて自分を変える努力をした結果です。

 

成婚につながるお相手選び戦略は、ステラグランの目玉講座です。

 

ご自身では婚活の方法がわからない方、他の相談所で結果が出せなかった方は
ぜひ体験してみてください。

きっと、素敵な出会いをみつけられますよ!
あなたからのお申込みをお待ちしています。

 

それでは、次回の婚活トレーニング塾でお会いしましょう。

ごきげんよう、ステラグランのKAYOでした。